2012年11月13日

1日500kcalカットする19の方法

Diet slim waist pic.png

「1日500kcalカットする25の方法」というダイエットに関するアメリカの記事を参考にしています。25の方法の中にはアメリカならではの内容も含まれていたので、それらを省いて19個ピックアップしました。個人的にこれいいな!と感じたものには要チェックひらめきマークを入れてあります。食生活を見直す機会にもなると思うので、ざっとチェックしてみてはどうでしょうかぴかぴか(新しい)

1.こまめに運動する
電話中に足踏みしたり、音楽に合わせてステップを踏んだり、気づいたときに足を動かす習慣を付けましょう。塵も積もれば…という感じですが、ちょっと動くと温かくなるので、冬場はおすすめです。

2.ナッツの食べ過ぎに注意
ナッツは様々な栄養素を含んでいますが高カロリーです。どうしても食べたいときはピスタチオがおすすめです。比較的低カロリーで、殻をむく必要があるため早食いせずに済みます。

3.TVの前で食事しない[要チェックひらめき]
マサチューセッツ大学の調査によると、TVを見ながら食事をした場合、平均で288kcalも多く摂取してしまうことが明らかになっています(アメリカの場合ですが)。食べ物を目でも味わった方が満足感が得られますよね。

4.サラダのトッピングに注意
サラダ自体は低カロリーですが、チーズ、ベーコン、アボガド、ドライフルーツなどの高カロリーなものをトッピングし過ぎないよう注意が必要です。せっかくのサラダダイエットを無駄にしないよう気を付けましょう。

5.小さめのお皿を使用[要チェックひらめき]
大きいお皿に少量盛りつけてあると寂しいですよね…。それよりは小いさめのお皿を使って、大盛りにした方が満足感が得られるはずです。

6.ホイップクリームに注意
ホイップクリームたっぷりの飲み物には注意しましょう。スタバでフラペチーノを注文するときはカロリーも気にした方が良さそうです。おいしいんですけどね…

7.枚数を数えて食べる
ポテトチップスやクラッカーなど、食べ始めたら袋を空にしないと気が済まない!なんて事ありませんか?一気食いしがちなものは、枚数をカウントしながら食べてみるといいかもしれません。

8.皿に盛り付けてからテーブルに持っていく[要チェックひらめき]
特に大家族の場合、大皿をテーブルの真ん中に置いて、各自好きなだけとれるようにしていませんか?この場合、ついつい食べ過ぎてしまう傾向があるので、料理は予め各々の皿に盛り付け、大皿はキッチンに置いておきましょう。

9.甘いカクテルに注意
甘いフルーツやクリームが入ったカクテルはかなり高カロリーです。飲み会などでは、代わりにソーダや天然の果汁入りのものを選ぶよう心がけましょう。

10.パスタの食べ過ぎに注意
お店によってはかなりパスタの量が多い所もあります。さらにクリーム系の濃厚なものになると合計で1000kcalを超えるものもあるので、カロリー表示をしていないレストランなどでは注意しましょう。

11.完食しない
これ食べすぎかな?と感じたら完食せず、がんばって1/4ほど残してみましょう。家での食事であれば、残したものを翌日のお弁当に回すなどして1日の摂取カロリーを抑えましょう。

12.ちっちゃいデザートを食べる
ダイエット中だけどどうしても食後に甘いものを食べたい時ありますよね。我慢し過ぎはリバウンドの元にもなります。そんな時はカロリーコントロールアイスやプチシュークリームなどミニサイズのデザートを食べてみてはどうでしょうか。

13.スムージーに注意
スムージーにもいろいろ種類がありますが意外と高カロリーなものが多いです。朝食であれば代わりに、果物+ブラックコーヒーにした方がカロリーを抑えられます。

14.健康食品だからといって食べ過ぎない[要チェックひらめき]
人は健康食品となると35%程カロリーを低く見積もってしまうことが調査結果で明らかになっています。健康食品でもカロリーをきちんと確認してから摂取するようにしましょう。

15.油を使いすぎない
料理の最後にバジルオイル、オリーブオイルなどを使うことがあると思いますが、ついついかけすぎることのないよう注意しましょう。油は油です。

16.十分な睡眠をとる
人は睡眠時間が少ないと間食が多くなるそうです。美容のためにも6時間くらいは睡眠時間を取れるといいですね。

17.炭酸飲料に要注意
糖分を多く含む炭酸飲料を飲み過ぎないようにしましょう。特に夜は水や低カロリーの飲料で置き換えるよう心がけましょう。

18.食前におなかを膨らます[要チェックひらめき]
例えば、朝食前にゆで卵を、夕食前には低カロリーのカップスープを飲むと満腹感が得られ、食事での摂取カロリーを減らすことができます。1食の中でも野菜類を前半に食べるなど工夫すると良いかもしれません。

19.断食はしない
短期間で痩せたい時、断食にチャレンジする方もいるかと思いますが、できるだけ水分や果物、野菜などを適度に摂取しておなかを満たした方が、体にも心にも良さそうです。

参考記事
http://www.health.com/health/gallery/0,,20454528_1,00.html
posted by ロールパンナ at 20:55| Comment(0) | 食物 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。