2012年11月12日

食物繊維の長所全て知ってますか?

high_fiber_foods1.jpg

最近、“ファイバー入り~”、”食物繊維豊富!”とったコピーが私たちの周りに溢れていますが、実際のところ「便秘に効く」という程度しか食物繊維に関する知識がなかったりしませんか? そこで今回、食物繊維の基本から実験データに基づく効果、理想的な摂取方法について簡単にまとめてみました。一読していただければ、予想以上の効果があることに気付くはずです。

かわいいこの記事のポイントかわいい
食物繊維は…
・穀物、果物、野菜、ナッツ、豆類に多く含まれる
・便の量を増やすことで、天然の便秘薬として働く
・様々な病気のリスクを低減させることができる


【食物繊維の基本】
食物繊維とは人間が消化することのできない植物由来のタンパク質を指します。消化できないため、栄養素として吸収されず、体を素通りしていくという事になります。

【腸への効果】
ダイエット中に便秘したことはありませんか?便の量が少ないとお通じも悪くなるのですが、食物繊維には便の量を増やす効果があります。よって食物繊維を多く摂取する事で、便がある程度の大きくなり、大腸を通り抜けやすくなります。また便通を良くするだけでなく、近年問題になっている過敏性腸症候群などにも効果的です。

【ダイエットへの効果】
食物繊維は0カロリーであることに加え、コレステロールを減少させる効果があるのでダイエットにはうってつけです!また胃で消化するのに時間がかかります。これは単に満腹感が持続するというだけではなく、食後の血糖値上昇を遅らせるという効果もあります。これにより過剰なインスリン放出を防ぐことができ、血糖値の上昇を防ぐことにもつながるのです。


【長寿の源】
アメリカで食物繊維に関する驚くべき調査結果が報告されました。約40万人の患者を対象にした実験の結果、食物繊維の効果によりいかなる原因の死亡率も大幅に低下したという事が明らかになりました。具体的には患者の食物繊維の摂取量を毎日10グラム増やしたところ、死亡リスクが男性で12%、女性で15%も減少したそうです。この数字すごくありませんか!?

【摂取方法】
一日当たりの食物繊維の摂取量は女性で25グラム、男性で38グラムが理想と言われていますが、大半の人の摂取量はこれより少ないそうです。シリアルや飲み物など食物繊維を含む加工商品から摂取しようとしている方も多いと思いますが、やはり天然の食物には敵わないようです。

加工された穀物や、フルーツジュースなどは天然の食物繊維が減少してしまっているので、できるだけ手を加えていない天然食品で摂取する方が良いです。また食物繊維豊富な果物、野菜、全類穀物、ナッツ、種、豆などの食べ物は、ビタミンやミネラル等の他の栄養素も多く含んでいます。


もし今、十分な食物繊維を摂っていないなら、腸内環境改善のため少しずつでも摂取量を増やしましょう。同時に水分もしっかり摂るとより効果的です。

参考記事
http://edition.cnn.com/2012/11/08/health/jampolis-explains-fiber/index.html?hpt=he_t4
posted by ロールパンナ at 21:03| Comment(0) | 食物 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。